アナログで柔らかい音を出す目覚まし時計をずっと探してます

目覚まし時計を選ぶときは、出来るだけアラーム音を確認してから買いたいと思うんです。殆どの目覚まし時計には、「電子音」とか「スヌーズ機能付き」なんていう文句が書き添えられてはいますけど、電子音って一言で言われても…って思ってしまうんですよね。成り始めの音の大きさとか、単に「ピピピ」と鳴るだけにしても、音と音の間隔だとか細かい部分が気になります。実際に店頭でアラームを鳴らして確かめることが出来るようになっている時もありますけど、一つ一つ鳴らして確かめているうちに、どれが良いのか違いが分からなくなってしまう時もよくあります。結局最終的には、「もうこれで良いか」って適当に決めてしまっているんですよね。

目が覚めるように時刻をセットするわけですから、あまり柔らかい音でもダメだとは思うんですけど、電子音は未だに好きになれません。電子音以外のアラームが鳴る目覚まし時計を探すのは結構大変なんですよね。目覚まし時計に関しては、暗い寝室の中でも針の位置でだいたいの時間が分からないと不便なので、断然アナログ派です。昔ながらの文字盤で、電子音らしからぬ優しい音を出すスヌーズ付きの目覚まし時計があれば良いのになとずっと思っています。出来れば手に乗る程度の大きさでシンプルな物。勿論、手に入れやすい価格であるのは言うまでもないですけど。最近は、スマホや携帯を目覚まし時計代わりに使う人も多いみたいですけど、パッと見て時間を知りたい私には、不向きです。売り場での目覚まし時計のスペースが段々小さくなっている気がして、少し不安です。

ネットで探したら光目覚まし時計なるものが販売されてるではありませんか。しかもこちらはアラーム音ではなくて光で目をさましてくれるというもの。これは電子音が嫌いな私にピッタリだと思いました。口コミを見て検討しています

ニートの睡眠時間は多いと思いますか?あなた睡眠不足って本当?

仕事が忙しく常に眠い、だるい、疲れた。等と思っている方も少なくはないはず。多忙のために忙しいなら当然だろうとも思いますが本当にそうでしょうか。

私は以前の職場では上記に記した感情を常に持っていました、それは単純に睡眠不足によるものだと思っていましたが。仕事をやめしばらくの間ニートのような生活を送っていたときに気付いたのですが、多忙で眠れない時も、やることがなく怠惰な生活を送っているときも大して睡眠時間は変わらないことに気付きました。

もちろん当てはまらない方もいるとは思いますが、私の場合は寝る時間帯が変わっただけで睡眠時間自体は変わりませんでした。ちなみにその時間は5-6時間でしたが、昔からあまり長く寝る体質ではないようで、学生の頃も授業中に寝るなどのお昼寝行為などはあまりしたことがありません。

ニートになって気づいたこと。仕事をしているときは疲れているからしょうがないと思っていた眠気は、気持ちからくるものであり、過ごす時間からの逃避からくる感情だったようです。私は思いました。よく不眠症の方に「運動不足だから」などと言って運動を進めたりしますが、それよりも大事なのは眠る意思なんだろうなと思います。もちろん体を動かして適度な疲れをとることは大切ですが、睡眠自体にお悩みの方に大切なのはもっと別のところにあるんだと思います。それは、動くことや働くことでもなく、そういった行動から得られる「充実感」なんだと思います。

そうすれば朝は太陽の光で目覚めがしやすいと言われるのでエナジーライトinti squareという太陽の光を真似た目覚まし時計を使うのです。

一日充実する方法を探せば、ニートでも社畜でも不眠症でもその人自身にあった睡眠がとれるはず。ここで大切なのは「自身に合った」というところです。あなたの充実はあなたの感情です。どんな環境にいてもそれを意識することが快眠への第一歩です。

環境、生活の変化による不眠と試してみたこと

私は社会人になって5年目になりますが、5年間まだらな睡眠時間に悩まされいます。今は地元を離れ生活していますが、年に2度程地元に帰ることがあります。先月も半月程帰っていたのですが、寝具や寝る部屋が変わるだけでもう寝られず。また、久しぶりに地元の友人らと遊び予定をハードに詰め込みすぎたせいか、毎日興奮状態で交感神経がフル稼働している感じです。

そこで試してみたのが、母から勧められたひんやりとしていている快眠グッズの塩枕でした。店頭で2000円くらいだったような気がします。買った日の夜に早速試してみましたが、既存の使用している枕に重ねて首のところに置くようになるので、私の場合使用している枕が大きすぎて、逆に呼吸が苦しくなりこの日も熟睡はできませんでした。

朝は定刻でエナジーライトintiを使っているので起きれはするのですがどうも体調はよくありません。

本も好きでよく読んでいたため、活字を見ればよく眠くなるというのを試すのに夜読んでいましたが、これが本好きにとっては難点で話が面白すぎて、読みふけってしまい気づいたら朝の6時になっていました。

夜に熟睡できないと日中は眠くなるばかり。昼食を食べたあとによく眠くなってしまい、よく「子供みたい」と言われてしまうこともしばしばありました。睡眠改善薬も服用したこともありましたが、私にはあまり効かなかったように思います。やはり根本的には規則正しい生活と、3食のごはん、あとはあまり身体を酷使しないことだと思います。あとは朝方によく夢を見るので、そのあたりも熟睡していない睡眠になっている証拠なので、寝起きはいつも機嫌がよくないです。寝起きがよくないと周りの家族にも申し訳ないので、睡眠の質を上げるためにできることからこれからも試していきたいと思っています。

朝気持ちよく起きるために睡眠の質をあげる

朝起きるのが非常に辛いと思う方はたくさんいらっしゃるのではないのでしょうか。

人生の三分の一は睡眠で成り立っていると言われています。

慌ただしくて、ストレスが多い現代社会において睡眠は非常に重要です。一説によると、日本人のかなりの数が睡眠時間が足りてないというデータがあります。

まずより良い睡眠をとるためには、マットレスが非常に重要となってきます。

簡単に目安を言っておきますと。体重の重い人は硬いマットレス。体重の軽い人は、柔らかいマットレスがオススメです。実際に家具屋などに言って寝てみるのが1番良いです。

たまに高いのは嫌だと言っておられる方がいらっしゃいますが、ここはケチるところではないので、分割払いでもいいので買うべきだと思っています。

次に適度なストレッチを寝る前にしてください。

運動不足と言われている現代ですが、少しでも身体を動かすことによってより良い睡眠につながっていきます。

ストレッチだとキツイ運動ではないので、毎日の日課として続けていくことができると思います。

次に、食生活なのですが、朝起きれない人の特徴に低血圧があると思います。

今は、食生活がかなり多種多様に分かれており生活習慣病になる人も多いと思います。

寝る前に、マルチビタミン剤などを飲むことにより、身体に栄養が行き渡り朝起きるのが楽になることが多くなります。もちろん個人差はありますが、是非試して見てください。酵素なども取り入れてみるのもいいです

そして起きる時は自然の光に近い、だんだん明るくなり1万ルクスを超えるエナジーライトintiを使うとストレスも無く起きれるのです。

朝早起きするのがとにかく得意ではない人です

現在36歳。学生時代から朝起きるのが苦手て起きてもしばらく機嫌が悪いわたしです。(笑)

学生の頃は毎日母親に起こされて起きていましたが起きても頭が起きるまでは機嫌が悪く誰も話しかけてくれない程の機嫌の悪さでした。夜遅くまで起きているからと言う訳でもなく早く寝ても朝は起きれませんでした。

次の日に何か行事がある日でも起きれませんでした。残念ながらそのまま社会人になり働き始めるましたが朝の弱さで職業にも限られ社長出勤のような出勤時間に甘い職場で過ごしてきていました。それは結婚して子供が出来るまで続いてきたことでした。

子供が幼稚園児の頃は良かったです。

園バスが遅い時間だったので毎朝8時過ぎまで爆睡していました。

私は既婚者で主人が居ますが主人は私の朝の弱さを理解してくれ、毎朝何も言わず寝てる私を起こさず出勤していってくれています。

しかし子供が幼稚園を卒業してからです。小学校に入った子供は朝が早いっ!小学校の登校時間はこんなにも早かったっけ?と言うほど。

光目覚まし時計のエナジーライトintiを使って7時半には家を出ている毎日です。

今まで朝といえば8時すぎまで寝ていたので(子供も私に合わせた睡眠時間)7時前に起きるなんて毎日苦痛で仕方ない(笑)しかし今は小学校に入った我が子の為にも毎日頑張って起きるように心がけています。それでもまた7時10分前位に起床です(汗)

毎朝バタバタして子供を出している始末。これを改善しようと色々と試してはいますが中々難しい状況です。

目覚まし時計も15分ごとにかけたり、目覚ましを離して置いたりと色々と工夫はしています!

1度起きたら直ぐ立ち上がる!などなど。それでも目が開かないので顔を直ぐ洗うなど努力はしているつもりです。さすがに寝起きの機嫌の悪さは今はなくなりました。

今は目覚ましと携帯アラームを交互に使い毎朝子供を起こしております。

すんなり早起きできるようになるまで慣れるまで頑張りたいと思います。

様々な目覚まし時計が販売されている中で

先ほどは、目覚まし時計について考えましたところ、時間が来ると、電流が流れて体がしびれる、と言う方法を考えました。けれども、組織的に、「この目覚ましを使いな。」とした場合には、虐待になる恐れがあるとして、これではいけない、と思い直して、痛みのないバージョンを考えてみました。

カフェイン注入作戦です。サプリメント的なカフェインを時間になれば、体に取り入れられるように口の中にセットしておくのです。何時間経ったら効く、という薬的なカフェインでも良いでしょう。

これならば、サイレント目覚ましと言えるのではないでしょうか。朝起きにくい人には朗報、もうなくてはならないサプリメントになるかもしれません。眠る前に飲む!という方法で、起きる頃に効くようにセットします。そのうえで、普通の音量の目覚まし時計をセット。これで、体の中をまず起こし、そのうえで音が響きますから、覚醒しやすくなるでしょう。

虐待にもつながりませんし、近所迷惑にもなりません。よいのではないでしょうか!だたちに欲しい、という人が殺到するかもしれません。今まで早く起きたい人の中で、神経質な人は、しっかり眠れるように、睡眠導入剤に頼っている人もいる程です。目的を早起き、ということに限定しますと、早起きサプリメント、時限爆弾的カフェインサプリがあれば十分対応できるでしょう。カフェインがどのくらい体に負担になるか、というのが残る問題ですが、サイレント目覚まし、おすすめですよ。